糖尿病の症状を知ることで予防対策になります│がん対策の情報

医者

かかりやすい人の特徴

看護師

胆のうがんになりやすい人の特徴として、実は50歳以上の年齢の方だといわれています。若いときは多少無理しても、体力があるので体調を崩すことはありませんが、中年にもなるとそうはいきません。50歳を過ぎたら胆のうがんに限らず、様々な病気にかかるリスクが急増するので、定期健診などに行くことが大切です。また、50歳以上になると病気になりやすくなる原因は、それまでの生活習慣と深く関係しています。偏食気味の方は、胆のうがんになってしまうリスクが高いので、普段からの食事に気を遣うことが大切です。また、女性特有の原因として挙げられるのが出産回数です。子どもを1人しか産まなかった女性と何人も産んだ女性とでは胆のうがんになる確率が、後者のほうが高いとされています。出産は骨盤や内蔵を傷つける可能性があるので、出産後はこまめなケアが必要になります。特に何人も産むと、それだけ体への負荷がかかってしまうので注意深くケアすることが大切です。しかし、出産後は何かと忙しいので、自分の体を労っている時間がないという方もいると思います。そのような方は、夫に協力してもらって出産後の体を休ませてあげてください。病院によっては出産後の女性のケアを重点的に行なっているところもあるので、胆のうがんのリスクを回避したい方は、そのような病院で出産してもいいでしょう。胆のうがんの予防法としてあまり知られていないのは、わかめなどの海藻やきのこなどの根菜類を食べることです。健康的な食生活は、胆のうがんに関わらず多くの病気の予防法として有効ですが、このような食材を食べることも効果的だとされています。海藻や根菜は、味噌汁などの汁物に入れられることが多いので、それらを積極的に食べるようにしましょう。しかし、味噌汁に塩分を入れ過ぎると高血圧の原因になってしまうので、できるだけ薄味で食べることが必要になります。