糖尿病の症状を知ることで予防対策になります│がん対策の情報

医者

バランスよい食事が大切

病院

心筋梗塞は高齢者が陥る症状だと考えられていますが、最近では比較的に年齢が若い方でも心筋梗塞になることがあります。若くして心筋梗塞になる原因は、その生活習慣に原因とされています。基本的に、運動不足で高血圧の方は心筋梗塞になりやすいのです。生まれつき高血圧の方もいますが、基本的に食生活が乱れている方は心筋梗塞になりやすいようです。たとえば、野菜や魚を食べずに、肉や油物ばかりを食べ続けると高血圧になってしまいます。肉を食べるときは、できるだけ野菜も一緒に摂取するといいでしょう。だからといって、魚と野菜ばかりを食べていても栄養不足になってしまいます。TVなどでベジタリアンや肉と魚しか食べずに健康を保っている方がいますが、あれは栄養学の知識があり、栄養バランスのいい食事をしているからです。なので、肉と魚、野菜をバランスよく摂取して毎日の食生活を改善することが大切です。また、バランスが悪い食生活を続けると肥満になってしまいます。肥満は万病の元とされますが、心筋梗塞も例外ではありません。肥満の方は概して運動不足の方が多いので、できるだけ適度な運動をするようにしましょう。運動することで血糖値を下げることにも繋がるので、健康のために体を動かすことが大切です。特にデスクワークが仕事が中心になっている方は、慢性的な運動不足になってしまいます。朝一でのラジオ体操や近所をウォーキングするだけでも効果的なので、体を動かしてみましょう。さらに、喫煙なども心筋梗塞のリスクを高めます。いきなりタバコをやめるには難しいので、まずは本数を減らすことから気を付けなければなりません。